足痩せしたい!そんなあなたには加圧トレーニングがおすすめです

あなたは自分の足に自信がありますか?女性なら誰しも美しい足になりたいと思うのではないでしょうか。美脚というのは雑誌やテレビなどでも常に特集が組まれるほど皆が憧れるものですが、実際に引き締まった美しい美脚を作るのは簡単なことではありません。ただ運動やカロリー制限をしてダイエットをしても、美脚にはなかなかなれるものではありません。

しかし加圧トレーニングをすることで効果的にトレーニングを行い、美脚を目指すことができるのです。なぜ加圧トレーニングがおすすめなのかについてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

成長ホルモンを分泌させる

加圧トレーニングの一つの特徴として、通常の筋トレや運動よりも成長ホルモンが活発に分泌されるということがあります。成長ホルモンは、骨や筋肉、臓器などの身体のあらゆる部分の細胞に働きかけて増殖を促すことによって身体を作っており、身体の発達や維持のためには必要不可欠なものです。

また糖や脂質の代謝を調節して体内の糖質や脂肪の量をバランス良く保つという重要な役割もしています。糖や脂肪の量が多くなると、分解を促進してくれますので付きすぎた脂肪を燃焼させたいという場合には成長ホルモンを増加させるということがとても効果的なのです。

通常のトレーニングでも血中の成長ホルモンはある程度の量は分泌されます。しかし筋肉に圧を加えながら運動をすることによって、それとは比べものにならない程大量の成長ホルモンが分泌されるのです。

これは加圧ベルトで血流を制限しながら運動をするので乳酸の流れが緩やかになり筋肉に溜まりやすくなることによっておこります。乳酸は筋肉疲労の原因物質として知られていますが、成長ホルモンの分泌を促すという役割もしています。多くの乳酸が溜まることによって、その分成長ホルモンが分泌されるということになるのです。

この成長ホルモンが豊富に分泌されている状態でジョギングやウォーキング、エアロビクスなどの有酸素運動をすることによって効果的に脂肪を燃焼させることができます。脚に加圧ベルトを装着して筋肉を刺激してトレーニングを行い成長ホルモンを十分に分泌させた後で、ベルトを外して有酸素運動を行います。これによって普段はなかなか燃焼させにくい足についた脂肪を短時間で効果的に燃焼させることができるのです。

成長ホルモンはトレーニングをした後の15分後に最も多く分泌され、その2時間後に最も活発に脂肪が分解されます。足に脂肪が多くついてしまっているという方は、加圧をして運動した後にあまり時間をあけずに有酸素運動を行うようにしましょう。

血流とリンパの流れを改善

足が太くなってしまう原因の一つとして挙げられるのが、血流やリンパの流れが悪くなってしまうということがあります。血流が悪くなってしまうと常に冷えた状態になり、リンパの流れが悪くなってしまいます。これによってむくみが発生したり、老廃物が溜まりやすくなってしまい太くなってしまうのです。

元々ポンプの役割をしている心臓からの距離が非常に遠いために健康な人であっても血液やリンパの流れが悪くなりやすい部分ですので、冷えやすい人は血流やリンパの流れがより悪くなりやすいのです。血流が悪くなると血管から水分が染み出てしまいますが、本来であればその水分はリンパの流れによって心臓に戻されます。しかしリンパの流れも悪くなってしまっているとその水分が移動せずに留まってしまうことになりむくみとなります。また冷えている部分には脂肪も付きやすくなってしまいますので、美脚とは程遠い状態になってしまいます。

加圧トレーニングをすると血流とリンパの流れを改善することができます。加圧ベルトを装着することによって一時的にではありますが、血液の流れを止めていることになります。本来生きている人間であれば、血液は常に体内を流れ続けているものです。本来身体の隅々まで運ばれているものに制限をかけることによって、加圧をなくした際普段の血液の流れよりも勢いを増して流れていきます。勢いが強ければ身体の隅々にある毛細血管まできちんと血液を行き渡らせることができ、血流を改善することができます。血流が改善すれば、同時にリンパの流れも良くなりますので、水分や老廃物をきちんと排出することができるようになります。

とにかくこのタイプは血流が悪いことが多いので、運動する前に加圧と除圧を繰り返して血液の循環をよくしてあげます。血流がアップすると同時にリンパ液の流れもよくなるので、下半身にたまっていた水分が少しずつからだ全体に流れるようになります。

トレーニングで血流が良くなった状態で、マッサージやストレッチをすることによってより不要なものが流れ出ていきやすくなりますので合わせて行っていくことをおすすめします。

足痩せには適度な筋肉が不可欠

足を細くしたい!と思っている時、トレーニングをして筋肉がついてしまうと逆に太くなってしまうのではないかと心配になってしまう方もいるかもしれません。しかし引き締まった美脚を作り、脂肪が付きづらく太りづらい状態を保つためには適度な筋肉が必要なのです。

人間の体というのは、特に何もしていないような時でも常に呼吸や熱の生成などを行っていますし各臓器は動いています。何もしていないように見えたとしても、エネルギーを消費しておりこれを基礎代謝と呼んでいます。トレーニングや運動をすればもちろんエネルギーは消費されますが、基礎代謝でも非常に多くのエネルギーが消費されますのでこの基礎代謝を上げることができれば特に運動などをすることなくてもエネルギー消費を促して太りづらい身体を作ることができるのです。

基礎代謝の中で自分でその量をコントロールすることができるものは、筋肉によるものと脂肪によるものしかありません。その他のものは生命維持活動に必要不可欠なもので量が増減することはありません。筋肉による代謝量は基礎代謝全体の2%を占めるほど大きなものですので、筋肉量を増やすことが基礎代謝を上げる一番の近道になります。

基礎代謝が上がれば脂肪を効率よく燃焼させることができるようになりますので、そのためには適度に筋肉をつけることが必要となってくるのです。しかし足に筋肉をつけるためにトレーニングをするというのは簡単なことではありません。しかし加圧トレーニングを行うことで、血行を良くしながら筋肉を効率よくつけることができます。そして脂肪を燃焼させる効果のある成長ホルモンも大量に分泌されますので、筋肉量の増加との相乗効果でより高い効果を得ることができます。

運動があまり得意ではない人や、普段運動をしない人、女性などは筋肉をつけるためのトレーニングをするということはなかなか難しいです。筋肉というのはすぐについてくるものではなく、ある程度の時間しっかりと筋肉に負荷をかけていく必要があるからです。しかし加圧しながら運動をすることによって大きな負荷をかけずに時間も短く、そして頻度も少ないトレーニングであっても効率的に筋肉量を増加させることができます。足にしっかりと筋肉をつけて引き締め、太りにくい美脚を目指したいという方にはぴったりのトレーニング法と言えるでしょう。

まとめ

いつの時代も女性にとってキレイな足というのは憧れであり、魅力的なものです。しかし血流やリンパの流れが悪いことによってむくんだり老廃物が溜まりやすかったりする部分でもありますので、美脚になるというのは難しいものでもあります。

加圧トレーニングを行うことによって血流やリンパの流れを改善することができ、むくみの解消を目指すことができますし、成長ホルモンを大量に分泌させて脂肪を効果的に燃焼させることができますので、足痩せを目指す方には加圧トレーニングは非常におすすめのトレーニング方法です。さらに筋肉量も通常のトレーニングと比べて効率的に増やすことができますので太りづらくもなります。

美脚になりたいという方は加圧しながらのトレーニングを行い、そしてその効果を最大限に引き出すためのストレッチやマッサージなどを組み合わせて行っていくとより高い効果を得ることができます。