妊娠しやすい体が作れる?加圧トレーニングの魅力

妊活のためにいろいろ取り組んでいるけれど、なかなかいい結果が出ないという声はよく聞きます。今すぐに妊娠を望んでいるわけではなくても、不妊に関する情報を耳にする度に、漠然と将来に不安を感じていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。確かに、現代人は運動不足の方が多く、不健康になっていきています。忙しい私たちたが、効率よく健康的な体になるために加圧トレーニングはおすすめです。どのような効果があるのか、詳しくご説明していきます。

 

現代人の運動状況

現代社会では、妊娠適齢期と言われる20代女性で運動習慣のない方が90%以上です。仕事や家事に追われて忙しい日々を送っていて、休日は自宅でのんびり過ごしてしまい積極的に運動していない方も多いでしょう。近年は、筋力低下症(ロコモティブシンドローム)が若い世代の方にも多いということで問題になっています。筋力低下症は従来は50代~60代で発症されるものですが、近年は20代~30代でも報告されているようです。

立つ、歩くといった簡単な日常生活における動作が困難になり、片足で靴下が履けなくなったり、寝ている状態から起き上がる際に腹筋だけでは不可能になり、手すりなどの補助が必要となったりするのです。つまり、高齢になり、体力が落ちて感じるであろう体の不調が若い世代で起きてしまっているということです。ある調査によると、全体の30%の女性が筋力低下症に陥っているそうです。

こうした運動不足は血液循環を悪化させます。その場合、血液は胃や腸などに優先的に巡らせるようになり、子宮や卵巣などへ血液を巡らせるのは後回しになってしまいます。血液が行かないと、栄養や酸素が不足してしまい、生殖機能が低下するのです。女性の卵子は年齢を重ねるとともに老化しますが、それ以外にも運動不足による血液不足によっても老化してしまいます。反対に、卵巣に十分な血液が流れていると、卵胞の発育がよくなりますし、排卵誘発剤の効き目もアップします。子宮に血流量が多ければ多いほど、着床環境がよくなります。

また、男性の場合運動不足は精子の濃度、数を減少させてしまうことが、調査により明らかになっています。
したがって、運動不足である現代人は男女ともに妊娠しにくい状況になっているのです。

 

妊娠しにくい夫婦の原因

不妊で悩んでいる方の原因で明確なものは、排卵因子、卵管因子、男性不因子です。不妊というと、女性が責任を感じてしまいがちですが、実際には不妊の半分は男性側が原因です。したがって、女性も男性も健康的で妊娠しやすい体作りを目指していきましょう。

しかし、実際には不妊治療をされている方、妊活をされている方の多くは、病院で検査をしても子供ができない原因がわからない場合も多いです。原因不明不妊が、妊娠を希望されている方のおよそ3分の1程を占めています。そして、漠然と妊娠しやすい体になるために、サプリメントや漢方などを試してみたものの、なかなかいい結果が出なくて悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。日常生活において、どのようなことに気を遣うべきか、不妊の原因となり得ることをまとめました。

「不規則な生活、食生活の乱れ」
仕事や家事などで日々忙しい私たちは、不規則な生活になっていたり、食生活が乱れたりしています。また、これらの要因として、日常生活のストレスがあり、それによる飲酒や喫煙、肥満なども連鎖的に起こってしまい、悪循環に陥っている方も多いです。

「腹部の冷え」
女性には冷え性の方も多いですが、手足の先だけでなくお腹が冷えている方も多いです。腹部が冷えると、骨盤内の血液の流れが滞ってしまいます。すると、子宮内に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。言わずもがな、子宮は妊娠するためにとても大切な場所です。受精卵は卵管を通り、子宮内の子宮内膜に着床し、妊娠します。赤ちゃんを包む大切な役割をする子宮を良い状態に保つために、温めるケアが必要です。腹部が冷えないよう半身浴をしたり、腹巻をしたりと外側からのケアはもちろん大切です。しかし、筋力をつけて内側から熱量を上げていくケアも必要です。

 

加圧トレーニングでできること

加圧トレーニングは、短時間の運動でも長時間の筋トレをしたのと同じ効果があります。したがって、忙しい方、運動することに慣れていない方でも始めやすく、続けやすいのがメリットです。妊娠を望む女性に求められる運動は、きつい、激しい運動ではありません。適度な運動を習慣的に続けていくことが大切です。加圧トレーニングは30分程度でも十分効果的ですし、毎日ではなく週に1~2回するのがよいものです。無理なく運動習慣がつけられるでしょう。そして、このトレーニングにより、大量の成長ホルモンが分泌されます。それは、単に筋肉を鍛えることだけに役立つのではありません。女性ホルモンが分泌される効果もあります。これは、基礎代謝アップ、リンパや血流の流れ促進につながります。これらはまさに、妊娠を望む方々の健康のために必要な効果です。

女性はもちろん、男性にとっても妊活に加圧トレーニングはおすすめです。なぜなら、このトレーニングにより精子が作られるミトコンドリアの活性化にも一役買ってくれるからです。ミトコンドリアは卵子、精子のどちらにも存在します。これが活性化すると、年齢を重ねた男性の方でも若く元気で健康な精子を増やすことができます。

そして、運動不足の方にまずは鍛えてほしいのが、腹筋、足のトレーニングです。腹筋の力が弱くなると、足の冷えや全身の筋力不足になります。また、太ももには体の中で一番強い筋繊維がありますし、ふくらはぎは体の代謝に重要な役割があります。特にデスクワークの方はこれらの筋肉を使っていないので問題です加圧は腕の付け根か足の付け根で行いますので、どちらを始めるべきか迷っている方は、まずは足から始めるといいでしょう。足を鍛えるスクワットなどでしっかり運動しましょう。

そして、加圧トレーニングは単体で行うのではなく、後で有酸素運動行うことが推奨されています。ウォーキングはそれに最適な運動であり、足を鍛えられるトレーニングです。妊活専門コースを行っているトレーニングジムもあるので、夫婦で行い、運動面だけでなく食事面などのアドバイスをもらうのもいいでしょう。

まとめ

妊娠を望んでいる方々は、日々忙しくされていて、時間がない方も多いでしょう。忙しい合間を縫って、様々な方法で妊活に取り組まれていることと思います。運動不足は、わたしたちの健康を脅かすだけでなく、生殖機能の低下にもつながっています。

限られた時間で、効率よく運動を行いたい方におすすめなのが加圧トレーニングです。1回30分程度のトレーニングを、週1~2回行うものなので、負担なく続けられるでしょう。赤ちゃんを望む男女の両方に様々な効果をもたらしてくれるトレーニング方法なので、まだ試したことのない方はぜひ一度体験してみてください。そして、継続して行うことで体質改善へつながり、嬉しい結果を導くことでしょう。