加圧トレーニングに有酸素運動をplusしたらダイエットに成功!

毎日コツコツ有酸素運動を続けている。とても素晴らしい事ですし、それが実をつけてダイエットが成功するかもしれません。しかしここで注意して欲しいのが、その運動は本当に自分の身体に合った方法なのか?という点です。脂肪が多く筋肉が少ない。筋肉・脂肪どちらも多い。筋肉が少なくむくみやすい。この様に体質は人の数だけあるので、自分の状態を知り効果的なアプローチをしなければ意味がありません。筋肉をつける場合、筋トレよりも加圧トレーニングが支持を得ている様ですが、それはなぜでしょうか?

中々ダイエットが成功しない理由

「こんなに頑張っているのに全然痩せない!」「私、太りやすい体質だから。」といってダイエットを諦めてしまっていませんか?若い頃は少し体重が増えたら食事制限して運動を始めたらスルスルと落ちていたのに、30代を超えると全然落ちない。それどころかこれまで生活習慣を変えていないにも関わらず体重が右肩上がりに増えていく。そんな悩みを抱える方は少なくないです。

生活習慣を変えていないにも関わらず体重が増えていくのは代謝がダウンしているからです。代謝は筋肉の動きを意味していて、生命活動をしているだけで消費するエネルギーです。代謝が高いと消費するエネルギーが高いので痩せやすくなります。

もちろん食生活や生活習慣など、見直すべきポイントは数多くあります。痩せない理由をつけるよりもしっかりと分析して、これからに活かしてキレイな身体作りに役立てましょう。

自分の身体を知る事から始めよう

ダイエットを成功させるコツは自分の身体や体質を知る事から始めましょう。体質や体型は様々ですが、筋肉と脂肪量で判断すると良いです。

脂肪が多く筋肉が少ない方は代謝が低く、冷えやすいです。この体質は運動不足が原因で肥満になっている可能性が高いので、食事制限や有酸素運動よりも無酸素運動を行い、筋肉を付けてベースである代謝アップが先決です。

続いては脂肪・筋肉共に多いタイプです。元々運動をしていた方に多いタイプで、運動をやめて食生活に変化が無かったというケースです。このタイプは筋トレを再開するとマッスルメモリー効果で筋肉がつきやすくなっているので、合わせて食事制限を行うと良いです。ダイエット目的、または身体を絞りたい場合は有酸素運動をベースにするのも良いです。

ダイエット=有酸素運動では無い

痩せる為に運動と言えば有酸素運動をイメージする方が多いですが、必ずしも有酸素のみが有効ではありません。

別の項目で説明した様に脂肪が多く筋肉が少ないタイプは代謝が低いので、いくら脂肪を削っても継続しないとすぐにリバウンドしてしまいます。ダイエットに成功しても自分のやりたい事や、好きなものを食べられないのは苦痛ですしそれがストレスになりドカ食いに発展するリスクもあります。

このタイプは筋肉を付けて代謝をアップさせる為、無酸素運動を行います。無酸素運動は脂肪燃焼というよりも筋肉をつける為の運動なので、変化が現れるのが遅く早くても2~3ヶ月後です。それまではコツコツとトレーニングを重ねていき、自分の身体がどう変化していくのかをイメージしなければなりません。ダイエットを成功させる為には、一点ではなく様々なポイントから分析する事が大切です。

有酸素運動のデメリット

脂肪燃焼してくれる有酸素運動ですが、当然デメリットも存在します。負荷が小さく筋力アップが見込めないので、運動している時は燃焼しているがストップするとすぐに戻ってしまう点は別の項目でも説明しました。

筋力アップが見込めないという事は運動能力にも影響が無いので、無酸素運動の様に体力が付いたり運動のパフォーマンスがアップしたりする事はほとんどありません。但し心肺機能は向上するので息が上がりにくくなるというメリットはある様です。

あまりにも激しい有酸素運動は活性酸素という老化の原因になる物質を増やす原因になり、老化を招く可能性もあります。外でやるものが多いので紫外線を浴びやすく、同じく老化を促進するのもデメリットです。手軽に始められるダイエット方法ですが、メリットだけでは無くデメリットまで理解して取り入れるとより効率良く痩せられます。

加圧トレーニングは無酸素運動

フィットネスが浸透しジムへ通うのも珍しくありませんが、近年では加圧トレーニングが注目を浴びています。このトレーニングは無酸素運動の一種ですが高負荷をかけずにトレーニングを行います。ベルトで身体に圧をかけて脳を錯覚させてトレーニングを行うので、従来の様に高負荷をかけずに同じ効果が得られます。

無酸素運動をするメリットは筋力アップですが、加圧トレーニングの場合は成長ホルモンの分泌があげられます。このホルモンは細胞を活性化させるので肌ツヤがよくなったり、シワやシミが出来にくくなったりアンチエイジング効果もあります。ダイエットしながらキレイになれるなんて一石二鳥ですし、1回30分で効果を感じられるので忙しい現代人にぴったりです。

食事・生活習慣指導をしてくれるトレーナーもいるので、リバウンドしない身体を作れます。

組み合わせ次第でダイエットが楽になる?

無酸素運動は筋力アップの為に行う運動、そして有酸素運動は脂肪を燃焼する為の運動です。どちらも1点だけに集中するのは効率的ではなく、双方を組み合わせるとダイエットがとても楽になります。

但しここで注意して欲しいのが必ず無酸素運動をしてから、有酸素運動を行う事です。無酸素運動は体内にあるグリコーゲンという糖質を分解してエネルギーにして、それが枯渇すると脂肪と筋肉を分解します。反対に有酸素運動は酸素をエネルギーにするので逆になると効率よく脂肪燃焼が出来ません。

どちらの運動も脂肪だけでは無く筋肉も分解するので、トレーニングが終わったらたんぱく質をベースにした食事を摂って下さい。ここで食事を摂らないと十分な栄養が得られないので筋肉を作れなくなります。運動をするのであれば無理な食事制限を行わず、しっかりと栄養補給するのが正しいダイエット方法です。

少しずつ積み重ねていこう!

毎日少しずつ、積み重ねていく事で体質は少しずつ変わっていきます。加圧トレーニングは週1でも効果がありますが、別の日に有酸素運動を取り入れるとより効果的です。コツコツと積み重ねるのは案外難しいものなので、ある程度積み重ねていくとそれが自信に繋がります。

例えしんどいと思った時でも「ここまで頑張れたから、少しだけやってみよう。」「せっかくだから今日までやってみたい。」と思い、結局それがトレーニングのモチベーションになります。小さな成功経験ですが、それがプライベートやビジネスへの自信へ繋がるので侮れません。ダイエットに挫折しない為、毎日運動記録をつけるのも良いです。

アプリを使うと簡単ですし、いつでも記録できるので続けやすいです。但し様子がおかしい体調不良の際は無理せずに、休息を取り身体のコンディションを整えて下さい。

まとめ

有酸素運動・無酸素運動と運動には種類があり、どれも一長一短です。有酸素運動は負荷が軽い分、筋肉へのアプローチが薄く脂肪燃焼が主な運動です。

無酸素運動は筋トレや加圧トレーニングを含み、強い負荷をかけて筋繊維を破壊します。それを修復する為に成長ホルモンが分泌され、様々な効果をもたらします。自分の体質や体型・タイプ・運動強度を知り、これらの運動を組み合わせれば高いダイエット効果をもたらします。少しずつでも構わないので継続していく事が、成功への一番の近道です。