魅力的なお尻になりたい女性必見!加圧トレーニングでヒップアップ

あなたにとっての理想のヒップとはどのようなものでしょうか?小さくしたい、もっと引き締めたい、ボリュームアップしたいなどその希望は人によって違うかと思います。ですが誰しもが嫌だと思うのは締まりがなく、垂れ下がってしまっている状態なのではないでしょうか?

こちらのページで魅力的なヒップとはどのようなものなのか、それを実現するために加圧トレーニングではどのようにトレーニングを行うのが効果的なのかについて合わせてご紹介しています。自分のお尻に悩みのある方、より上を目指したいという方は要チェックですよ!

お尻を鍛える人増加中!?

近年日本ではお尻を鍛える女性が非常に多くなってきています。テレビや雑誌などで特集が組まれているものを目にすることも増えて来ています。ミセスから若い女性まで多くの人がトレーニングを行っており、専用のジムやスタジオも出てきているほどです。ではなぜヒップに重点をおいて鍛え始める人が多くなってきたのでしょうか?

ヒップを鍛える人が多くなった1つの要因として考えられるのが体型についての流行の変化です。少し前まではスリムな方が良いという流れがあり、お尻も小尻という言葉があるように小さい方がより良いとされていました。しかし近年は適度に筋肉が付いていて、程よいボリュームのある身体がよりよいとされているということです。

ヒップに関しても海外の方のようにボリュームがしっかりとあって、上に上がっている方がよりセクシーであり魅力的であると言われるようになり、それを目指してトレーニングを行う人が増えて来ているのです。

2つめの要因としては、ヒップは身体の部位の中でも非常にたるみやすい部分であるということにあります。年齢を重ねるとともにヒップは垂れ下がっていってしまいますし、脂肪を溜め込みやすく大きくなりやすいです。きちんとトレーニングをして筋肉で大きくなるのであれば問題はないのですが、筋肉がなくただ脂肪で大きいというのは見た目も良くありません。

ヒップが下がってしまっていて引き締まってもいない状態というのは、洋服を着た際のシルエットにも影響しますので女性にとっては非常に大きな悩みの種となります。より魅力的に洋服を着こなしたい、後ろ姿をかっこよくしたいという思いからトレーニングを行う人も多いです。

3つめの要因は太りにくい身体を作るためには、臀部を含めた下半身の筋肉を鍛えることが効果的であると言われるようになったことにあります。ダイエットをしたいと思った際に必要となってくるのは、筋肉量を増やして代謝を上げ脂肪を燃焼しやすい身体を作ることにあります。これによって一時的に痩せるというだけでなく、その後も継続的に体系をキープすることができるような身体づくりをすることができるようになるのです。

きちんと筋肉を付けずに食事制限だけで痩せると、代謝が下がってしまい太りやすくリバウンドしやすい身体になってしまうのです。下半身の筋肉というのは全身の2/3の量を占めているとても大きなものです。その中でも大きな臀部の筋肉を鍛えることは、全身の代謝アップのために非常に効果的なのです。

魅力的なお尻とは

ヒップのトレーニングをしている人は自分なりにこんなヒップを目指したいという理想があって行っているかとは思いますが、一般的に見て魅力的なお尻というのは一体どのようなものなのでしょうか?

まずは大きさについてです。以前は小尻という言葉が良く聞かれたように小さいお尻の方が良いと言われていました。女の人の中には今でも小さいほうが良いと思う方も多いかもしれませんが、世間の流れとしては小ささだけが問題ではなくなってきています。いくら小さくても形がよくなかったり、垂れてしまっているとそれは魅力的とはいえません。

少しボリュームが出て大きくなったとしても、筋肉がしっかりとついていて引き締まってシルエットのキレイな方が良いとされています。また海外ではヒップは大きな方が魅力的と言われることが多く、セクシーさの象徴ともされていて根強い人気があります。その流れからか日本でも大きい方が良いという考え方も広まってきています。

しかしただ大きければ良いというわけではありません。いくら大きくてボリュームがあったとして、それがただ脂肪で大きくなっているだけだったりセルライトが溜っていたりするような場合には良いとは言えません。

次に大切なのは形です。形で言うと丸いヒップがより魅力的とされます。垂れ下がってしまい太ももの境目がはっきりしていない状態になると、四角いシルエットになってしまいだらしのない印象になってしまいます。くっきりと線が入っていて、境目がしっかりと分かるようなシルエットが良いです。さらに高さがなく扁平の状態というのもよくありません。

日本人にはこの扁平のタイプが非常に多いです。高さを出すというのはトレーニングをしてもなかなか難しいものなのですがしっかりと上に上がっていて、高さのあるヒップがきれいな形と言えます。

加圧トレーニングでの鍛え方

では魅力的なお尻を作るために、加圧トレーニングではどのように鍛えていけば良いのでしょうか?

ヒップは大殿筋、中殿筋、小殿筋の3つの筋肉で成り立っています。まず、大殿筋は表面の大部分を覆っている筋肉です。ここを鍛えることによって、全体的に上に上がって引き締まった印象にすることができます。中殿筋は大殿筋の内側にあって、斜めに付いています。垂れ下がることが気になる人が多いヒップですが、この筋肉を鍛えることによってその垂れ下がりを防ぐことができます。小殿筋は中殿筋のさらに奥のある筋肉で、中殿筋をサポートしています。この3つの筋肉を鍛えることが、魅力的なヒップを作るためには必要不可欠なのです。

ヒップアップをするために最も効果的なトレーニングがスクワットです。紹介した臀部の3つの筋肉だけではなくハムストリングと呼ばれる太ももの後ろの筋肉も一緒に鍛えることができます。それによって太ももとお尻の境目がしっかりとできて、形が良くなります。本来これらの筋肉をつけるためにはスクワットをする際にある程度の負荷をかけてトレーニングを行う必要があります。それはとても辛いものですし、普段運動を行わない方や全体的に筋肉量の少ない女性にとってはなかなか難しいものです。

ですが加圧トレーニングでは思い負荷をかけることなく、短時間でも同様の効果を得ることができるのです。加圧トレーニングでは太ももの付け根の部分に加圧ベルトを巻いて、一時的に血流を制限しながら行います。そのために負荷をあまりかけなくても、しっかりと筋肉をつけていくことができるのです。

1回あたりのトレーニング時間も短くて済みますし、毎日のトレーニングは必要なく週に1回程度の頻度で行えば良いので忙しくて時間をなかなか作ることができないという方にも続けやすくお勧めのトレーニング方法と言えるでしょう。

まとめ

女性にとってお尻のシルエットというのはとても重要なものです。人によって理想の形というのは違いますが、上向きで引き締まった形の良いヒップになりたいと思うのは共通しているのではないでしょうか。ひと昔前とは違ってただ小さい方が良いというわけではなく、適度なボリュームが合って筋肉があり引き締まっている方がより魅力的であるよいう流れになってきていますし、上向きの引き締まったシルエットにするためにはやはりしっかりとトレーニングをして筋肉をつけていくことが必要なのです。

加圧トレーンニングで鍛えることによって、通常のトレーニングよりも低い負荷でも同様の効果を得る事ができますし頻度も少なくて済みます。より効率的に、あまり負荷をかけずに鍛えたいという方は、お尻を鍛えるのに最適なスクワットを加圧を取り入れて行うことをおすすめします。