パーソナルトレーニングとは?加圧トレーニングのメリット

様々な効果をもたらしてくれると話題になっている加圧トレーニングを始めるにはどうしたらいいのか、悩んでいる人も少なくありません。
独自でトレーニングを行なっている人も多いですが、より効果的に行なうにはどうすれば良いのでしょうか?

また、パーソナルトレーニングがオススメだとわかっても、トレーニングの詳細を把握していない人も多くいるのも事実です。そこで今回は加圧トレーニングとパーソナルトレーニングの詳細をご紹介していきます。

加圧トレーニングとは?

腕や脚の付け根に専用のベルトを巻き、血流を制限しながら筋力トレーニングを行なうことを加圧トレーニングと言います。通常のトレーニング方法と異なり、血管の収縮と拡張を促すため血行が促進され、成長ホルモンの分泌を活性化させることができます。

成長ホルモンが多く分泌されることで、脂肪を燃焼するエネルギーが向上し、太りにくい体へと作り変えていくことができます。筋肉にならない余分な脂肪を燃焼し、血液の循環も高めることで筋力アップに大きな効果をもたらしてくれます。

また、血行が促進されることで肌の調子も整えられ、美容効果があるのもメリットの一つです。成長ホルモンの分泌によって回復力が向上し、筋肉疲労も通常より早く回復するため、若返り効果もあって女性にオススメのトレーニング法です。

血管も年齢と共に衰えていくため、通常の体だけを鍛えるトレーニングに加え内側の血管も鍛えていくことが求められます。加圧トレーニングは強度を調節することができ、自分に合った圧力で鍛えられます。

しかし、自分に合った圧力やベルトの扱い方が分からないままトレーニングを始めると返って体を痛めつけてしまうことにもなります。そこで利用しておきたいのが、パーソナルトレーニングの存在です。

パーソナルトレーニングの詳細

パーソナルトレーニングとは、通常のジムと異なり、専任トレーナーを付けることができるトレーニングのことです。通常のジムにもトレーナーは存在していますが、個人に付きっきりになってくれるわけではありません。ジムに通う人を平等に見ていくため、アドバイスを貰う時間が少ないと感じることもあります。

パーソナルトレーニングでは専任のトレーナーが付いて、個人の目的に合わせたトレーニングを考案してくれます。その人が何を目的にトレーニングを行なっているのか把握し、経過も見ながらメニューを作っていくので安心してトレーニングできることが特徴です。

トレーニングを行なう目的やトレーニングの設定は個々によって異なります。通常のジムでは個別に対応するのも限界があるため、効率良くトレーニングを行なっていくには最適なトレーニング法と言えます。

ジムは塾のようなものであり、パーソナルトレーニングは家庭教師のようなものであるため、その違いを理解しておきましょう。パーソナルトレーニングが必ずしも効果的というわけではなく、勉強と同じで自分に合った方法でトレーニングを行わなければ身に付きません。ジムは基本的なメニューを考案して、その後は自分で決めてトレーニングを進めていくので、自身に合っている方法を選択しましょう。

専任トレーナーの重要性

自分に合ったトレーニング方法であれば、ジムでも十分な結果が付いてきます。しかし、加圧トレーニングのような特殊なトレーニングには、専任トレーナーの存在はとても重要になってきます。

加圧トレーニングは専用のベルトを使用し、圧力を掛けて血流を制限していくトレーニング方法です。目的と設定を間違えると思っていた結果に結びつかないこともあるので、初心者にとっては専任トレーナーは心強い存在となってくれます。

目的に合わせた圧力の設定を行なってくれる他、トレーニングの際の細かなアドバイスも行なってもらえるのがメリットの一つです。詳細が分からないままトレーニングを進めても、効果が上手く出ずに時間を浪費することにもなります。適切なアドバイスを元にトレーニングを行なうことによって、効率的に結果へと導いてくれます。また、トレーニングは慣れてくるとフォームが乱れていくこともあり、専任であれば細かい変化にも気付いてもらえるので安心できます。

目的によっても異なりますが、トレーニングは日常からも意識しておくことでより良い結果へと結びついてきます。専任のトレーナーが付いていることで食事面のアドバイスも貰えれば、日常的に肉体作りを行なっていくことができるようになります。

効果に違いはあるのか

通常のジムと専任トレーナーの付くパーソナルトレーニングは具体的な効果に違いがあるというよりも持続できるかが異なってきます。通常のジムでも持続してトレーニングを行なえる人も多くいますが、効果を実感できないと途中で止めてしまう人も少なくありません。

ジムは複数の人に一度に教えていくため、一人ひとりの状態を把握することはとても困難です。わからない部分に対して質疑応答もしてもらえますが、ジムに通っているお客さんが多ければ多いほど、一人にかける時間は少なくなります。そこで適切なアドバイスを貰えず、結果が出ないままジムをやめるというケースも実際に多くあります。

トレーニングの効果が出るのは最低でも3ヶ月程かかります。トレーニングは人の細胞を生まれ変わるように施していくため、変化までの期間が必ず必要になります。その期間までにトレーニングに対して疑問を持ったまま持続させることはとても難しいのです。

ジムでは基本的なメニューを設定した後は、回数や食事なども自分で管理しなければなりません。自分で上手く管理していけるトレーニング上級者には向いていますが、この方法では初心者はモチベーションを保つことができません。

パーソナルトレーニングではトレーニング面や食事面以外のこういったモチベーションへの配慮も行ない、確実な結果へと導いてくれます。短期間で効果の出る加圧トレーニングであっても、持続できないと目標に到達するのは困難となるので、続けるための対策が必要になってきます。専任のトレーナーは多くの経験からその人がどういう状況に陥ってモチベーションが下がっているのか判断して柔軟に対処してくれます。

個別に対応を行なってくれることで相談も行ないやすく、こういった細かい部分がジムとの差となります。この差は効果の違いとしても明確に出てくるようになり、専任トレーナーの重要性が伺えます。

まとめ

どんなトレーニングであっても確実な効果を得るためには持続させることが最も重要となります。持続させるためにはトレーニングを行なう人間のモチベーションが第一であり、パーソナルトレーニングでは対策を行ない目標へと的確に導いてくれます。

複数の人が通うジムではなかなか相談できないこともパーソナルトレーニングでは行えることが大きなメリットであり、その差が効果として現れていきます。

目的や個人の好みにも寄りますが、食事などの日常的な部分からトレーニングを意識できるため、このトレーニング法を選択する人も多くいます。
特に加圧トレーニングのような特殊な器具を使用する場合は、経験を積んだ専任トレーナーと共にトレーニングを行なっていくことが良いでしょう。