> 加圧トレーニングで赤い斑点がでると効果はどうなる?

加圧トレーニングで赤い斑点がでると効果はどうなる?

加圧トレーニングは腕や脚に加圧ベルトを装着して身体を動かしていくトレーニングですが、肌に赤い斑点が出来てしまうことがあります。ベルトを外した際に皮膚にこのような斑点が出来ていると驚いてしまいますよね。この斑点はどのようなものでなぜ出来てしまうのかについてまとめていきます。これからトレーニングを始めるという方は、斑点が出来てしまった際に焦ってしまうことのないようにきちんと理解しておくことをおすすめします。安心して加圧トレーニングを行うことが出来るようにするためには必見です。

赤い斑点は内出血

トレーニングを行っていると、加圧ベルトを巻いていた部分に赤い斑点のようなものが出来てしまうことがあります。痛みや痒みなどの症状があるわけではありませんが初めに見た際に知識がないと驚いてしまったり不安になってしまうかと思いますので、まず始めにこの斑点の正体は一体何なのかということについて見ていきます。

これは点状出血と言われるもので、毛細血管が破れることにとってできるものです。簡単に言ってしまえば、内出血の一種です。加圧トレーニングを行った人全てに必ず出来てしまうものではなく、出来るか出来ないかには人によりますし出来てしまう斑点の量や範囲にも個人差があります。総じて普段血流の悪い方や、血管が固くなってしまっていたり弱くなっている方は斑点が出来てしまいやすいです。また加圧した際にのみ出来るものではなく、高い負荷の筋力トレーニングを行った際にもできてしまうことはあるものです。

皮膚の病気やアレルギー、内臓や血液に関わる病気などでも、肌に赤い斑点が出来てしまうという症状が現れますのでトレーニングをして斑点が出来てしまうと心配になってしまうかもしれません。また内出血と聞くと、そんなに肌や血管に負荷のかかるものなのか、身体に本当に良いことをしているのか、トレーニングを続けていても大丈夫なのかと不安に思われるかもしれません。しかし結果から言うとこの斑点は決して身体に悪い影響のあるものではありません。内出血が起きた際にも、特に治療などはせずにそのままにしておくかと思います。そのままにしておいても何か害があるわけではありませんし、数日経てば出血した血液が元の血管に吸収されていき自然に消えていくものですので安心してトレーニングを行って問題はありません。

そうは言っても斑点がなぜあるのかをきちんと知っておかなければ、不安になってしまうのも無理はありません。内出血の一種であり、身体に害のないものであると分かれば斑点が出来てしまったとしても焦ることなく対処できますよね。

ただし斑点がどんどん増えていく場合や全く消えていかない場合には一度医師の診察を受けてみることをお勧めします。斑点が出来てしまうこと自体は決して珍しいことではなく問題のあることではありません。しかし増加していくような場合などには血液が固まりにくくなるような病気が潜んでいる場合もあります。その他にも症状があり、可能性が少しでもあるのであれば医師に相談してみてください。

なぜ出来てしまうのか?

点状出血が基本的には身体によくないものではなく、だれにでも出来る可能性のあるものであることはおわかりいただけたかと思います。それではなぜ天井出血は起きてしまうのでしょうか?根本的な原因としては毛細血管が破れることにあります。

加圧トレーニングは、腕や脚の付け根に、加圧ベルトを巻いて圧力をかけて血流を制限しながら運動を行い身体に負荷をかけていくトレーニング方法です。血流を制限することで、比較的軽い運動をしただけでも血液の中に乳酸を溜めることができます。乳酸が血液の中に溜まると、脳はハードなトレーニングを行っていると錯覚して成長ホルモンを大量に分泌します。この分泌された成長ホルモンは脂肪を燃焼して筋肉の発育を促すものですので、これによって高いトレーニング効果を得ることができるのです。血液の流れが制限された状態でトレーニングを行い、その後圧力から解放することによって血が良くなり普段は血液が行き届かない身体の隅々にある毛細血管まで血液がしっかりと届けられるようになります。これによって毛細血管が破れてしまい、点状出血が現れることがあるのです。

ではなぜ出来る時と出来ない時があったり、人によって差があったりするのでしょうか?それにはまず健康状態や体質が大きく関係しています。点状出血が内出血の一種であることから考えると分かりやすいのですが、同じような負荷がかかったり同じようにぶつけてしまったりしても内出血が出来やすい人と出来にくい人がいるかと思います。これ毛細血管の状態がどのようなものであるかによって変わってくるからです。普段血流が悪く毛細血管まで血液が行き届いていない場合や、血管が硬くなっていたり弱くなっている場合にはトレーニングによって勢いよく毛細血管に血液が流れてくると血管が破けてしまいやすいですので斑点が出来てしまいます。その一方で普段から血流が良く、血管が丈夫で柔軟性のある状態であれば流れてきた血液をしっかりと受け止めることができ、毛細血管が破れることもありませんのでもちろん赤い斑点が出来ることもありません。

またトレーニング方法も関係しています。トレーニングをする際には加圧ベルトを装着して圧力をかけていきますが、その際にかける圧力というのは人によって適切な強さが違います。この強さを誤って、過度な圧力をかけすぎてしまうことが点状出血の原因となります。また、トレーニングの強度やベルトを装着している時間というのも人やその日の体調によってコントロールする必要がありますのでその判断を誤っても斑点が出来てしまうことがあります。

効果への影響

赤い斑点の正体や出来てしまう原因がわかると、次に気になってくるのは斑点が出来てしまったとしてもトレーニングの効果に影響はないのかということです。斑点が出来ること自体は身体に影響がなかったとしても、それがトレーニングがきちんと行われていないことによって出来ているものであれば効果は期待できないのではないかと心配になりますよね。

そもそも斑点が出来るということは、これまで血液が行き渡っていなかった毛細血管にまで十分に血液が行き届いているという証拠になります。つまりトレーニングの効果はしっかりと得られているということになります。これまで使われていなかった毛細血管に急激に血液が流れ込んでいきますので、血管が破れてしまいやすくなります。トレーニングを始めたばかりであるか、慣れているかということによって斑点が出来る頻度に違いはありませんがトレーニングを続けていくと血管が太く丈夫で柔軟性のある状態になり、内出血が起こらなくなっていきます。そのためトレーニングを始めたばかりの方は斑点が出来てしまう可能性が高いですが、続けていけば出来なくなるということを知っていれば安心してトレーニングに取り組むことが出来ます。

しかしトレーニング方法の誤りによって点状出血が出来てしまっている場合もありますので、注意が必要です。その人に合った適切な圧力がかけられていなかたり、強度の強すぎるトレーニングをしていたり、ベルトの装着時間が長すぎたりすることによっても斑点が出来てしまいます。その際にはトレーニング方法が自分に合っていないのだということを理解する必要があります。

適切でない方法でトレーニングを行っていては、当然ですが求める効果を得ることは出来ません。トレーナーさんに相談をして、自分に本当にあったトレーニング方法を教えてもらうようにしてください。また適切な方法というのはいつも同じではありませんので、その日の体調などに合わせてこまめに調整していく必要があります。

まとめ

加圧トレーニングを行っていると、皮膚に赤い斑点が出来てしまうことがあります。赤い斑点は良くないイメージを持ちやすいものですので、何か病気なのではないか、トレーニングをしていることが身体に悪い影響を与えてしまっているのではないかと心配になってしまうかもしれません。

しかし実際には身体に悪い影響のあるものではありませんし、むしろトレーニングの効果がきちんと出ていてそれまで使用されていなかた毛細血管にまできちんと血液を届けることが出来るようになったことを示しています。

しかし斑点が出来る場合にはトレーニングの方法に原因がある場合もあります。そういった場合にはトレーナーさんと相談しながら自分にあった適切なトレーニング方法を見つけ、その日の体調などにあわせてコントロールしながら行っていくことが非常に重要なのです。