> 加圧トレーニングのトレーナーの役割とは?

加圧トレーニングのトレーナーの役割とは?

加圧トレーニングはパーソナルトレーニングと呼ばれる、トレーナーとマンツーマンで行うトレーニング法です。「一般的なジムと違って、マンツーマンでの指導ってどんなトレーニングを行うの?」そんな疑問に答える為、パーソナルトレーニングのメリットやデメリットの情報をまとめました。

そもそも加圧トレーニングではどういった内容を指導して貰えるのでしょうか。少し料金が高くても、ほぼ確実に効果が出ると言われるパーソナルトレーニング。その魅力を徹底的に解明します。

加圧トレーナーって何を指導するの?

加圧トレーニング開発者の佐藤義昭氏は、学生の頃からボディビルダーを目指して、様々なトレーニングを行ってきた人物です。
ある日佐藤氏が長時間正座をした後に痺れた足をマッサージしたところ、激しいトレーニングをした後の感覚と似ているという事に気が付きました。

ここから、血流に負荷をかけてトレーニングを行えば、たとえ短時間のトレーニングでも長時間と同様のトレーニング効果が得られるのではないかという発想に至ったのです。

佐藤氏の偶然の体験から生まれた加圧トレーニングですが、今では全国にも広がり、有名人を始め様々な人が取り入れる人気のトレーニング法に発展していきました。

加圧トレーニングを指導するトレーナーが、加圧トレーナーと呼ばれる人達です。
トレーニングは常にトレーナーとマンツーマンで行い、1人でトレーニングする事はありません。加圧は文字通り、体に負荷をかけた下で行うトレーニングですので、特に体への影響が考慮されるトレーニングです。
トレーニングでは専用のベルトで体の部位を締めて血流を調整します。その為トレーナーはベルトなどの専用器具の取り扱えが必須とされます。

トレーニングは、適切な部位に適切な圧を、またトレーニングを受ける側の個体差も考慮に入れ、毎回個人に合わせた制限をかける必要があります。
その上、万が一トレーニング中に気分が悪くなったり、体に影響が出てしまった場合でも適性の処置を施せなければなりません。

更にトレーニング中はコミュニケーションを取りながら客のモチベーションを上げなければなりませんので、コミュニケーション能力も必要とされます。

これら一連の正しい施術が行えるのが加圧トレーナーの役割です。加圧トレーナーはこのように、一般的なジムトレーナーも有する人体の知識(筋肉や血行に関する基礎知識)以上に、加圧トレーニングに特化した知識を有していなければなりません。

パーソナルトレーニングのメリット

1、モチベーションを保てる

トレーニングとはいつも孤独なものです。ひとりでトレーニングを熟していても中々結果が出ない時もありますし、結果が現れたとしても、過程を見守り、褒めてくれる人がいない場合も多いものです。

誘惑に負けて食事制限を緩めてしまう事も、トレーニングをさぼってしまう事もあるでしょう。1人でのトレーニングはモチベーションの維持に苦慮します。

一方、パーソナルトレーニングであれば、トレーナーがトレーニングの過程を常に見守り、励まし、精神的に弱っている場合は寄り添ってくれます。
1人でトレーニングしているわけではなく、トレーナーと共に二人三脚で行っているという感覚を持て、モチベーションの維持にも繋がりそうです。

2、理想の体型をオーダー出来る

これは最大のメリットかもしれません。どういったトレーニングをすれば、どんな食事を摂取すればどんな体になるのかといった事を把握している人ならば、たった1人でも理想の体を手に入れる事は出来るでしょう。
しかし一般人でな中々不可能ですよね。

その点、パーソナルトレーニングであれば、運動学や栄養学、心理学も含めあらゆる専門知識を兼ね備えたトレーナーが理想の体を、短期間で実現させる事が可能です。
理想の体、と一言で言っても理想とする体型は人によって大きく異なります。

細くなりたい、筋肉をつけたいという希望から、部分痩せやメリハリの効いた体を手に入れたいという希望もあるでしょう。それぞれの理想に合わせたメニューを考え、提供してくれるのがトレーナーの役割なのです。

3、全額保証サービスがある

全てのジムに当てはまるわけではありませんが、稀に全額保証サービス付きのパーソナルトレーニングが存在します。
これはトレーナーの指示通りにトレーニングを続けたにも関わらず、体型に変化が現れなかった場合はトレーニング料金を返金するという制度です。

パーソナルトレーニングは通常のジム利用料金と比べると高く設定されているのが一般的です。
高い料金を支払うならば、それなりの効果が現れてくれなくては、受けたくても受けられませんよね。全額保証は、いわばこうした不安を解消する為に設けられている制度のようです。

パーソナルトレーニングのデメリット

1、利用料金が高い

これは最大のデメリットかと考えられますが、個人でトレーニングを行う以上にパーソナルトレーニングは費用がかかります。
加圧トレーニングであれば1回数千円~5万円以内で受けられますが、それ以上に設定している所もあるでしょう。

例えば2~3か月あたり20万円~30万円台で設定しているジムもありますし、入会金も含めると、始めるだけで数十万円かかるなんて場合もざらにあります。
いくら理想の体型を短期間で手に入れられるといっても、あまりにも高すぎるジムは考えものですし、その上高い費用を払っても必ず理想の体型が手に入るという保証もありません。

体型が変わらなければ大損をした印象を受けても当然でしょう。

2、トレーナーと合わない

マンツーマンでトレーニングを行うトレーニングにおいて、トレーナーとの相性は特に重要です。
トレーナーはただ指導を行うだけでなく、精神面でも支えとなってくれて、モチベーションも維持してくれる大切な存在。
トレーナーと共に苦楽を味わうのですから、自分が心から信頼できる相手でなければトレーニングも続きません。相性が合わないと感じる原因は様々あります。

指導法が合わないケース、コミュニケーションがかみ合わないケース、同性・異性による違和感など、様々な要因でトレーナーが苦手に感じる場合があるものです。

また、パーソナルトレーニングが増えてきている昨今において、トレーナーの人数も昔に比べて大幅に増えてきています。
人数が増えた代わりに、質の伴っていないトレーナーが増えている事も問題視されています。

質の悪いトレーナーに当たってしまうと、高い料金を支払って入会した事を後悔しかねません。

しかし、申し出ればトレーナーを変えて貰える所が一般的です。最悪トレーナーとの相性が合わなければ無理をせず、トレーナーを変えてみるのをお勧めします。

まとめ

上記した以外にも様々なメリットが挙げられます。
例えば、一生役に立つ食事管理法が身に付く、健康的に痩せられる、など。食事管理はトレーニングの中でも重大事項。

どれだけトレーニングをしていても、食事によってはその努力を壊しかねません。
トレーナーはトレーニングに合わせて個人の食事メニューも管理してくれますし、それらの知識も与えてくれます。たとえトレーニングを途中で止めたとしても、食事管理法がしっかり身に付くでしょう。

健康的に痩せられるというのもメリットです。特にダイエットでは無理をしがちですが、効率よく、体に負担をかけずに上手に痩せる方法を知っているトレーナーであれば安心してダイエットが可能です。