> 体幹を鍛える加圧トレーニング

体幹を鍛える加圧トレーニング

最近、胃腸の調子が悪い、肩こりや腰痛がひどくなってきた、いくらダイエットをしても痩せられないというお悩みをお持ちの方は年齢を問わず多くいらっしゃいます。これらの症状は食べ過ぎや太り過ぎが原因になっている場合も多いものですが、実は「姿勢」の悪さが原因になっている場合もあることをご存知でしょうか?姿勢が悪いと体調だけでなくメンタル面にも悪影響を及ぼしかねません。加圧トレーニングで体幹を鍛えることで、姿勢の悪さや肥満を改善することも出来ると言われています。しかし、体幹とはそもそも何なのでしょうか?

そもそも体幹とは何を指すのか

体幹とは、腕や足を除いた胴体の部分を指します。胴体の部分はコア(中心)と呼ばれることもあります。コアはご存知の通り、筋肉と骨から成り立っています。また筋肉には表層筋、深層筋の2種類があり、深層筋はインナーマッスルとも呼ばれています。

次にどのような役割を果たしているかについて見ていきましょう。コアは3つの重要な役割を担っています。まず1つ目は体を支える役割です。体を支える力が弱いと、転びやすくなりますし、長時間立っていることも難しくなってきます。体を支えられないことが、思わぬ大けがにつながる恐れもあります。

2つ目は体の動きを生み出す役割です。例えば「手を伸ばす」という動作は、まず表層筋が動いてからそれに合わせて腕の筋肉が動く仕組みになっていますから、一連の動作には表層筋が重要な役割を果たしていると言えます。

3つ目は体の軸を安定させる役割です。体幹が安定していないと体がぐらぐらとしてしまい、姿勢も悪くなってしまいます。最近は大人だけでなく、小中学生でも体がぐにゃっとしている子どもが多いと言われています。小学生向けの体幹トレーニングの本も発売されているほどです。

筋肉を意識して行う加圧トレーニングは、インナーマッスルを鍛えるのにも効果的だと言われています。加圧トレーニングというと体のラインを引き締めたりダイエットに効果があると思われる方も多いかもしれません。もちろん、加圧トレーニングを行うことで体のラインを美しくしたり痩せたりする効果も期待できますが、腹筋や背筋を鍛えることも可能なのです。

体幹を鍛えるメリット

次に、体幹を鍛えるとどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。まず1つ目のメリットは、姿勢が良くなることです。最近はスマホや携帯の普及で、ずっと下を向いていることが多くなりました。電車に乗っていても、前の座席に座っている方の半数以上はスマホや携帯に見入っている気がします。座席に浅く腰掛け、体を二つ折りにしてスマホをいじっている若い方もよく見かけます。しかし、姿勢は私たちの健康に深くかかわっていることをご存知でしょうか。

姿勢が悪いと内臓に負担がかかるため、胃腸の調子が悪い、おなかを壊しやすいと言った内臓疾患が起こる恐れがあります。また、前かがみで歩くことで膝や腰に痛みが出る場合もあります。さらに、重たい頭を支えている首が肩よりも前に出てしまっているわけですから、頭痛や肩こりも起こりやすくなります。

それだけではありません。姿勢が悪いことはメンタル面にも悪影響を与えます。姿勢が悪いとついうつむきがちになってしまいますが、うつむきになると不思議と気持ちも後ろ向きになってしまい、人と会いたくない、すぐにクヨクヨしてしまう、寝つきが悪いなど、軽いウツのような状態になることもあります。

逆に姿勢が良くなるとこれらの辛い症状が改善されていきます。姿勢は、健康面で重要なだけでなく、女性の美しさにも影響します。背筋がピシッと伸びている方は、いくつになっても若々しく見えますね。

2つ目のメリットは、新陳代謝が良くなることです。筋肉を強化することで基礎代謝が上がり太りにくい体を作ることが可能になります。太りにくい体は生活習慣病を防ぐうえでも欠かせません。このように、体の中心部を鍛えることは健康な体やスリムな体作り、強いメンタル作りに大きなメリットがあると言えます。加圧トレーニングでは、そのためのメニューがたくさん揃っています。

また、加圧トレーニングには「効果の転移」というメリットがあります。効果の転移とは、ある部位のトレーニング効果が他の部位にも良い影響をもたらすことを言います。例えば足の筋肉を鍛える加圧トレーニングが腕の筋肉力アップにも効果をもたらす場合があります。加圧トレーニングを続けることで体幹を知らず知らずの間に鍛えることも可能なのです。

トレーニング以外に心がけたいこと

最後に、加圧トレーニング以外で心がけたいことをご紹介します。それは日常生活の中で「コアを意識する」ということです。

例えば仕事中、勉強中に姿勢が悪くなっていないかチェックすると良いでしょう。もし前かがみになっているなと感じたら、両肩を上げて後ろにグッと引き寄せ、ストンと肩を落とします。これで姿勢の悪さをリセットすることが出来ます。また、おなかに力を入れて背筋を伸ばすように意識するだけでも、姿勢は変わります。歩くときも足だけでなくおなかに力を入れて背中や足の付け根などを意識して歩いてみてください。

さらに、椅子に座っている時は両手で座面を持ち、片足ずつ上げる動作を繰り返すことで、腸腰筋と呼ばれる筋肉が鍛えられ、姿勢が良くなったり歩く姿が美しくなったりします。また、息を強く長く吐く「ロングブレス」も体幹に効果的です。ロングブレスは立った状態で、おなかの「丹田」と呼ばれる部分に力を入れて行います。詳しいやり方については、動画などでも紹介されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

このほかにも、ヒップアップや美しいくびれを作るのに効果的な運動もあります。また、一度に、まとめて行うよりも少しずつでも良いので恵贈していくことが大切です。正しい方法で継続すれば、必ず効果が持続するのがこれらの運動の最大の魅力です。

どの運動も、運動とは呼べないくらいの軽いメニューですから、お年を召した方でも気軽に行うことが出来ます。また、器具も広いスペースも必要ありませんから、自宅でも通勤途中でも仕事中でも、思い立ったらすぐ行えます。行う時は、おなかや足の付け根などに意識を向けるように心がけてください。

加圧トレーニングと合わせてこれらのメニューを継続していくことで、体の中心であるコアをさらにスピーディーに鍛えることが出来ます。

まとめ

これまでお話ししてきたように、加圧トレーニングを行うことでより効果的に体幹を鍛えることが出来ますし、トレーニングを行っていない方も日ごろの軽いメニューを続けていくことで体幹が強くなり姿勢が良くなる、体調が良くなるというメリットがあります。

年齢を重ねると小さな段差でつまずいたり、腰痛やひざの痛みなどに悩まされたりしますが、体の中心部を鍛えることで姿勢が良くなり転びにくくなりますし、姿勢が良くなることで痛みも軽減できるかもしれません。もちろん、若い方にも加圧トレーニングはおすすめです。

長年悩まされてきた体調不良や肥満が、加圧トレーニングによって改善されるかもしれませんね。